寄せ植えコンテストの結果報告です♪

新光園 ガーデンスタジオ雅楽庭スタッフの丸山です


夕方から降り出した雪も止むことなく

また明日には一面の銀世界になりそうです


さてさて阿賀野市安田にありますサントピアワールドで行われている世界の洋らん展2016inにいがた。

その中のイベントの寄せ植えコンテストに出品していた結果が届いていましたのでご報告させていただきます。


結果は、、、、




約80作品の中から、特別賞の「ガーデンガーデン賞」を頂くことができました

そう、あの園芸雑誌のガーデンガーデンの賞です。

編集長の方も審査にいらしたということで、 

その編集長の方の目に留まったということなのかと勝手に解釈していますが、

昔からの愛読雑誌であるガーデンガーデンの特別賞を頂くことができて嬉しいです。

waiting for spring

作品名は「waiting for spring"春待ちBOX‘‘」


この時期の寄せ植えコンテストということもあり、

寂しくなりがちな新潟の家々の玄関先に春の装いをお届けしたいをコンセプトに

訪れた人の心に春を感じてもらえるコンテナを作ろうと思い、制作しました。



waiting for spring
waiting for spring
waiting for spring
waiting for spring

コンテナの材料は資材の輸送などに使う木製のパレットを解体した板に

ペンキを重ね塗りしたり、ヤスリをかけたりと好きなジャンクテイストに。

試行錯誤しながら組み立て、流木も配しナチュラルな印象に。

花の色合いも淡い色のそれも小花のものを中心にセレクト。


僕の奥さん曰く「今回もパパらしいね」とのことでした(笑)

そうなんです今回もこだわりを全面?いやいやお気に入りを詰め込んだ制作になかなか楽しませてもらいました


器も一から作るのがポリシーです。

オンリーワンってやつですね。


玄関先にいかがですか?



審査員の方よりのコメントが届きました。

「植栽がナチュラルで無理のない感じが気持ちよい作品。

ブリキや小さなポットを無造作に見せて植え込んでいるのも素敵です。

やさしいそよ風が吹いているようなうららかな風景が浮かんできます。」


さすが編集長!(コメントをくれたのは編集長だと勝手に解釈(笑))

まさにコンセプト、思いを感じ取って頂いたことに感謝です

もしかして作品にガーデンガーデン的な要素がにじみ出ていますかね


この展示も2/28(日)までの開催となっております。

他にもほんとに素敵な作品が全国から寄せられています。

興味のある方はぜひお出掛けしてみてはいかがでしょうか