新潟市江南区にてプルーンの木の移植作業。

キングサリ

キングサリの花も枝いっぱいに咲かせ、今が一番の見頃ですね

青空とのコントラスト抜群でした

こんばんは、スタッフの丸山です

今日の新潟は午前中は少しどんよりしていましたが、予報通りお昼過ぎからはピーカンの良いお天気

久しぶりに山々もはっきりと見え、水の張られた田んぼには空色が反射してなんとも綺麗でした


稲も少しずつ緑を増し、一面の緑の絨毯になるのも、あっと言う間ですね



今日は新潟市江南区で先日行ったプルーンの木の移植作業のご紹介です

プルーンの木移植
ビフォア。


本来であれば、落葉樹は冬の葉が落ちている時期にするのが理想的ですがやむをえずこの時期に。


先回の柿やミカンの移植をした現場です。


プルーンの木移植
移植に伴う、葉の蒸散作用を軽減するため、

枝をだいぶ落としました。

樹勢を抑えるため横に広がるように剪定、仕立てていきます。


RIMG0248
続いては、掘り取り作業。

ここも重機が入らないため人力で。

今回は3人で来ていましたので少しは楽でした。
プルーンの木移植

プルーンの木移植
綺麗なもんでしょ♪

熟練の手さばきは継承していきたいものですね
プルーンの木移植
途中から降り出した雨に、大慌てで車への積み込みと、

写真撮る暇もなく、あっという間に移植先へ行っていますが、

なかなかのやっとの思いでした。

ユニックでなんとか届くところだったので良かったです。
プルーンの木移植
最後に水極めをして、均して完了です。


プルーンの木移植
良い根もたくさん出ていましたし、枝の量もだいぶ少なくなりましたので、うまく育ってくれそうです