灯籠の移設とツツジの移植。そしてシオカラトンボ。

こんばんはスタッフの丸山です



今日は地元阿賀野市での作業。

とある建物が解体されるという事で、そちらの知り合いのお客様のご依頼で

灯籠の移設とツツジの移植の作業に行ってきました
灯籠の移設
濡鷺型でしょうか、

残念ながら頭の宝珠が無くなっていましたが、

国産の良い灯籠と功さん。

すみません勉強不足でまだよくわかりません。

勉強せねばですね。


ツツジ移植
平戸系でしょうか、2色の混ざり咲で綺麗ですね

このままでは大きすぎるので、半分くらいに切り戻しました。
灯籠の移設
文明の利器。

ユニックを使い外し、積み込んでいきます
ツツジ移植
石の隙間に植えられていたため、なかなかでした。
ツツジ移植
新たな移設先へ。
灯籠の移設
外す前に付けた印と合わせながら据えなおしますが、

わずかな差は熟練の目で微調整していきます。
シオカラトンボ
ん。。。

アウトリガーの先に何やら、、、
シオカラトンボ
これはシオカラトンボのメスじゃないですか

早くないっすか

まぁ昔からシオカラは早い印象。

少年時代は虫とり魚とりに夢中でしたから(笑)わかります。

なかなかの出会いに感謝
移設、移植完了
灯籠の移設、ツツジの移植完了です

既存の飛び石もずらしたりとなかなかでしたが、

うまく納まって良かったです。

またこうして別の場所に来ると全然違う印象になりますね

灯籠の頭(宝珠)は長い年月の間に無くなってしまったそうなので

後日、石屋さんに創ってもらう予定です。

良いものはこうやってまた残っていく。

素晴らしいことですね
ヤゴの抜け殻
不思議なもので作業の終わるころには新たなステージに飛び立っていました

ググってみたらメスのようで別名「ムギワラトンボ」とも言うらしいです。

知らなかった。。。一つ勉強になりました