天朝山サクラ枝下し工事(2)

今日も雪です。

天朝山のサクラ枝下し工事です。

先回の内容はコチラから

サクラ枝下し

サクラ枝下し

これは落葉樹の冬期剪定(樹木が休眠時期に行う剪定)です。

この時期、葉が無いことで蒸散作用が少なく樹木に負担が少ないことや、切り口からのはっ水が少ないこと、それと何より葉が無いので樹形が分かりやすくハサミを入れやすく、またゴミ処分も少なくて済みます。

今回は電線に桜の枝が干渉し、伸びすぎた枝を伝った雪や雨が歩行者を直撃する等のことから枝下しをすることになりました。

サクラ枝下し

サクラ枝下し

切り落とした切り口面には殺菌防腐剤を塗布します。

これは、切り口からの病気感染を防いだり、雨水の浸食による枝・幹の腐れ等を防ぐ効果があります。

樹木も先を見越したお手入れ、土地の現況、樹木の症状にあわせた処置が必要です。

緑に囲まれた快適なガーデンライフを実現していただきたい、そんな思いでスタッフ一同頑張っておりますので

樹木のこと、お家まわりのこと、ご遠慮なく何でもお問合せください。

造園のプロが丁寧にお答えいたします。