サルスベリとブルーベリーの剪定

みなさん、こんばんわ!
新潟のガーデン・エクステリアの専門店
ガーデンスタジオ雅楽庭 がらくてい の丸山です!

なんかまた明日から非常に強い寒波が来るみたいですねっ!
寒いのは仕方ないですが、雪はまだ勘弁してほしいです。

今年の冬は暖冬だぁ。なんてニュースで耳にしていましたが
降り出しも早く今年の冬はどうなる事やら、、、。

さてさて、今日は新潟市Mさま邸へ冬囲いに行ってきました。
この時期はサルスベリの剪定の適期でもあります。
今回はそんな剪定のお話。

サルスベリの剪定 新潟のお庭管理
ビフォア。右側ちょっと切ってしまっていますが(笑)

サルスベリの剪定 新潟のお庭管理
アフター。

サルスベリの剪定は今年伸びた枝を中心に坊主にしていきます。

なんで基本的にはこんな感じで太枝だけになります。
こうすることで春から枝が勢いよく伸び、枝先に花芽が付きますので
サルスベリの場合はこれでOKです。

逆に剪定を行わないと、あまり枝も伸びず花の咲きがイマイチになります。

サルスベリの剪定 新潟のお庭管理

しかし、Mさま邸のサルスベリは古木で少し弱っていたため、
1芽~2芽残して剪定しました。
こうした方が春の芽吹きが良くなると思います。自論です。

あとは全体的なバランスを考慮して、
伸ばしたいところの枝は残したり、
伸びすぎた枝は、強めに切り戻したり、
未来の姿を想像しながら、なかなか楽しい作業でした。

プルーンの剪定 新潟のお庭管理

続いては、プルーンの剪定です。

徒長枝が伸びてボサボサになっていましたが、、、

プルーンの剪定 新潟のお庭管理

こんな感じに剪定をしました。

基本的に果樹の場合、

木の勢いが出ていると花が咲かず実もならないため、
横方向に伸びる芽を残し、上に向いている枝はカットして
横に、横に枝を仕立てていくと良いです。

こうすることで樹勢が落ち着き花芽が付くようになりますよ~。

若木のうちは、枝を下方向に引っ張ったりと矯正を行い、
樹形を造っていくと良いですよ。

今日は仕事終わりにインフルエンザの予防接種を受けてきました。
すっごく痛いイメージがありましたが、、、、
今回のお医者さんはまったく痛くありませんでした。

注射も上手な人と下手な人がいると良く聞きますが、
「こんなに痛くない注射は初めてだ」ってくらい痛くなかったです。

やっぱりベテランになるとチガイますね。

そんなこと思った今日この頃です。

お庭づくりのことなら

お庭・外構・エクステリアの専門店
ガーデンスタジオ雅楽庭 がらくてい (有)新光園に
お任せください。

施工エリアは

新潟市、新発田市、阿賀野市、胎内市、五泉市、加茂市、三条市、燕市、北蒲原郡、東蒲原郡、南蒲原郡、西蒲原郡