お庭のアフターメンテナンス日記(ガーデン・外周り)

2020年5月18日|カテゴリー「「M's ガーデン」 丸山庭録
IMG_4568
オルレアと三和土(たたき)

連休中の成果です。


スタッフの丸山です。たいへんご無沙汰してましたが、久々の投稿です。

家族ともども皆とにかく元気ですが、

子供たちのバスケもずーっとお休みで、週末応援団だった我が家でも最近は庭いじりがトレンドになっております。

庭奥の物置までの動線を雑草対策も兼ねて、

以前からしてみたかった三和土(たたき)のアプローチを連休中に作りました

山砂、石灰、にがり。

この三つを混ぜ合わせることから「三和土」と書き。

その混ぜたものを実際にたたいて締め固めることから「たたき」と読むそうです。諸説あり

和製コンクリートとも呼ばれ、歴史はとっても古くからあるそうです。

便利な時代というかなんというかでYouTubeを駆使しノウハウを取得(笑)


まぁ初めにしてはって感じ(笑)よく言うと素朴な仕上がりになりました

次の機会にはもっと上手に出来そうです

気になる方お声かけ(チャンス)ください(笑)






そしてそしてもう一つ。

前回のブログでは鉢のコーデのお話でしたが、

今回はかわいい空き缶を使った小物づくり編です。
IMG_4619

缶詰で遊ぶ

缶詰で遊ぶ

用意したいのはかわいい缶と針金を少々。

我が家では箱買いし、常に常備しているカルディのサバ缶をチョイス。

ポップなデザインや外国の缶詰めもオシャレ度UP

それこそペイントしたり、ヤスリで擦ったり、わざと錆びさせた日にはもうリスペクト


まず最初に缶の底に水が抜けるよう穴を開けます。

釘などでも代用できますが下にいらない木など置いて内側から開けると水が抜けやすくなりますよ~
IMG_4616

缶詰で遊ぶ

缶詰で遊ぶ

今回は木の枝にぶら下げてやろうかなってことで側面にも針金を通す穴開けを。

こちらは外側からでオッケーです
缶詰で遊ぶ

缶詰で遊ぶ

IMG_4608

IMG_4606

とりあえずありものの多肉ちゃんを植えてみました。

セダムとかも乾燥に強いのでお勧めです

なんとなくオベリスクぽっくなってこのまま飾ってもよさそうですが~
IMG_4603
空飛ぶ缶詰(笑)の出来上がりー


好き方は、好きなはず。

そうでもない方それなりに(笑)

まだまだお庭で楽しめることたくさんありそうです

みなさんもぜひ楽しみましょう~

2020年3月17日|カテゴリー「「M's ガーデン」 丸山庭録
IMG_3287
スタッフの丸山です

今週はスタッフ全員で冬囲いの取り除き作業に回っております。

サンシュユの花が一足早く咲いていたのでパチリ



山茱萸(サンシュユ)は中国原産の落葉樹で秋になる実は漢方などに薬用されるそうです。


日本名の別名では「春黄金花」(ハルコガネバナ)

早春の葉がつく前に枝いっぱいに黄色の花をつけることからついた呼び名だそうです。


秋にグミのような赤い実を珊瑚に例えて「アキサンゴ」とも呼ばれるそうですが、

さすがに初めて聞きました。


丈夫で毎年、春一番に花を楽しませてくれて、庭木としておすすめです


IMG_0746
先日の話ではありますが、新潟市にてサルスベリの移植工事をしてきました。

引っ越しに伴い、空き家になるとのことで

大事にしてきた庭のサルスベリも新たなお庭にお引越しです。
IMG_3044
根の状態を確認しながら

丁寧に掘り進めて行きます。

移植作業で一番大事なところですね
サルスベリ移植
麻布と麻縄で根巻き作業

スタッフ功さんの熟練の手さばきで

綺麗に巻かれていきます

IMG_3054

サルスベリ移植

新たな引っ越し先にはキャラの木がありましたが、年々弱ってきていたため植え替えすることに。

キャラの抜き取り後、たい肥などを混ぜ込んで土壌改良をし、準備万端
IMG_3064
作業中は夢中になっていたのであまり感じませんでしたが、写真で見るとかなり大きかったですね~


塀越しの作業ではありましたが無事に建て込み完了
サルスベリ移植

サルスベリ移植

土をある程度戻し、根の周りにホースでたっぷりと水やり

「水極め」という作業でドロドロになった土が隙間に入り込み根の活着を良くします。

スコップで突っついたり隙間に土が入るよう促します

特に葉がある時期や常緑樹の植え付けではとても大事な作業ですよ~
サルスベリ移植
支柱もつけて、作業は無事に終了~

あとはちゃんと芽吹いてくれと良いのですが~

サルスベリはその辺、移植には比較的平気なので大丈夫だと思いますが、、、


近くを通った際、また確認したいと思います





RIMG00058

IMG_53091

IMG_32971
そして今日、

約2年前に五葉松の移植を行った隣では

見事な「しだれ梅」が咲いておりました


五葉松も元気そうで何よりです





IMG_3234
そして阿賀野市では、なにやら進行中

また後日お楽しみに~
2020年2月28日|カテゴリー「「M's ガーデン」 丸山庭録
春の寄せ植えづくり

スタッフの丸山です

明日で2月も終わり3月ですね~

今年はうるう年で一日得?した気分


にしてもほんとあっいう間ですね



コロナウィルスの影響もかなりありますが、春ですよ春

無事に終息してくれることを祈るばかりですね



暖冬の影響もあり、庭を見渡せば梅の花も満開に近い状態ですね。

球根も地中から芽を出し、春の到来を知らせてくれています。





そんな「春」


人気のミルクペイントを使ってオリジナルの寄せ植えづくりに挑戦してみました


ミルクペイントでオリジナル鉢づくり
用意したのは、どこにでも手に入る素焼き鉢とテラコッタ。

リーズナブルな価格が


ミルクペイントでオリジナル鉢づくり
牛乳由来の主成分が入ったペンキ。

その名も「MILK PAINT」

今回のカラーはピスタチオグリーン
ミルクペイントでオリジナル鉢づくり
「鉢 ペイント」で検索すると様々な塗り方が出ていますが今回は縁の部分オンリーで

というのも素焼き鉢自体、かなり通気性があり植物にとって嬉しいのですが、全部塗ってしまうと通気性が悪くなりあまり嬉しくないのかなと。個人的な見解です(笑) 
そしてちょっと塗るのがおしゃれ
ミルクペイントでオリジナル鉢づくり
ほとんど隠れますが内側も2センチくらい塗っておくことを植え込んだ時の仕上がりが
IMG_2899
塗り終わり~

あと縁だけなのであまり手が汚れません(笑)

この時点で良い感じの色味でお気に入り感半端ないっす!


「ミルクペイント」ほかにもなんとも言えない色味のもの。質感のもの多数ありなので

自分好みのカラーで楽しんでみては。。。
あとネーミングのセンス。。。好きです。

春の寄せ植えづくり

春の寄せ植えづくり

1~2日で完全に乾きましたので、いざ植え込み開始!

市販の培養土と鉢底にはネットと赤玉土の大粒を。

花のチョイスは安定の小花系と冬色残る渋めなカラーで
オリジナル寄せ植えづくり

オリジナル寄せ植えづくり

春の寄せ植えづくり

春の寄せ植えづくり

ネット→赤玉土2~3㎝→半分くらいまで培養土

暖かくなるこの時期の寄せ植えにはマグアンプなどの元肥を加えましょう
before
春の寄せ植えづくり

horizontal
after
春の寄せ植えづくり

お次は苗の準備!ポットから外すと根がぎっちぎち。こんな経験よくありませんか?

こんな場合はガシガシっとほぐしてOK!

目安は根の先が出るくらいがベスト!

植え込んだ後の根付きがよくなります!
before
春の寄せ植えづくり

horizontal
after
春の寄せ植えづくり

でもって、株元の葉が黄色くなってるなんてこともよくありますよね?

この場合も丁寧に取り除くのが私のポリシー!

後々、この葉にカビが生え、枯れしまう原因になりますよ!
ミルクペイントでオリジナル春の寄せ植えづくり

ミルクペイントでオリジナル春の寄せ植えづくり

20200228_161405

あとは、組み合わせしながらの植え込み

ここ。センス問われますよ(笑)


ポイントは似たような色味、花の大きさでまとめれば間違いなし!

ただ不思議と今回は鉢の縁に色がついているので

「額縁」のような感じなるのでなんでも合いそうな予感です


あと、なんといっても土を入れた時の仕上がりの高さが1~2㎝低めで仕上げましょう

ウォータースペースと言って水やりした際に溢れるのを防ぎます。
ミルクペイントでオリジナル春の寄せ植えづくり

ミルクペイントでオリジナル春の寄せ植えづくり

あと何気な~く寄せ植え作っていますが、立ったまま作業できる台があると良いですよね

この台もアンティーク調にペンキを重ね塗ってみたりようやく馴染んできました

ちなみにこの台、誰が作ったかもうおわかりですよね(笑)
ミルクペイントでオリジナル春の寄せ植えづくり
使わないときは出番待ちのテラコッタやお気に入りの小道具なんか置いて

「庭活」楽しんでるアピールしてもよしです(笑)
春の寄せ植えづくり
こんな感じで完成~

鉢の形は違えどもカラーコントロールすることで統一感が生まれ、繋がりが出ます

キュートな置物を置いてみたり、レンガなどで高さを出したりすれば言うことなし
春の寄せ植えづくり
配置を少し変えても繋がりはそのままに。

玄関先やお庭の一角にこういった組み合わせがあるの素敵だと思いませんか?


そしてやっぱり、自分で塗って植えて完全オリジナル!

めっちゃお気に入り感半端ないって~


みなさんもこの春、まずは挑戦!楽しんでみてはいかがでしょうか~


春の寄せ植えづくり
あと最後に。

個人的に大好きなお花「イベリス」

秋から春にかけてお庭造りさせて頂いたお庭にかなりの高確率で植わっているはずです(笑)


多年草で毎年3~4月にかけて白い花を咲かせます。

香りがあるわけでなく、実も成るわけでもないですが

丈夫で庭植えに、木の足元、石の隙間など相性抜群です


あとピスタチオグリーンとの相性。。。

めっちゃ良いですね個人的な見解です(笑)
pagetop