五葉松移植

スタッフの丸山です。

ここにきて新潟もようやく梅雨らしい天気になりましたね


やっぱり植物たちの輝きが違いますね

まるで生き生きしましたね

不思議なもんです



今年は、そんな空梅雨のせいか、

アブラムシも多かったり、

なかでもアメシロが非常に多く発生しております。


「アメリカシロヒトリ」通称アメシロは

主に落葉樹などに多く見られ、

葉が茶色くなったり、

蜘蛛の巣ようなものが付いていたら発生のサイン。

何でも早期発見が一番!

アメシロは孵化後、群れになって葉を食べ尽くしていきますので、

その枝ごと切除、処分すればダメージも最小限に抑えられます。


ある程度大きくなると、単独での行動になり、結構な距離を歩きます。

地面に降りて別の木や植物の葉を食べます。

この間はナスの葉を食べてました(笑)


笑い事じゃありませんね。

こうなる前に早めの予防。

2日に一回は庭の木々を見てあげてください。

異常があってもほとんどの場合何とかなりますから


アメシロの写真も何枚かありますが、  

ケムシ嫌いの方に嫌われたくないので

(やべっ!この間載せたような、、、)

それでも気になる方はググってみてくださいね(笑)




さてさて、この雨を待って、

五葉松ともみじの移植の作業をしてきました。

RIMG00016
庭の解体に伴う移植工事。

近頃は嫌煙されがちな、松たちですが、

大切に守っていくのも、植木屋の使命でしょうか


色々な思いの詰まった木々はやはり大切にしていきたいですね


五葉松移植

五葉松移植
スコップを巧みに使い、まるで土の彫刻家のようです

ちなみにかなりの重労働(笑)


堀り終わったら、根巻きの作業。

幾何学模様好きな私にとって、結構好きな瞬間です



RIMG00106

RIMG00056

そしてそして、新たな引っ越し先へひとっ跳び!

特殊な場所というか、色々と制約のある場所でしたが

社長の巧みなクレーンさばきでうまく納まりました
before
五葉松移植
もとは、大きな赤石の後ろに竹が植わっていましたが、今回、それらを取り除き、土の入れ替えも行いました。
vertical
after
五葉松移植
ジャストサーーーイズ!!!


まるで、この場所へ来るために生きてきたようです


赤石と五葉松。

色の対比でお互いを引き立てあう

まさに運命の出会いや~



人もそうですが「縁」ってありますし大事ですね

そんな「縁」を大切にこれからも進んでまいります!