「M's Garden」 丸山の日記

2018年11月16日|カテゴリー「「M's Garden」 丸山の日記
スタッフの丸山です

気が付けば11月も半ばを過ぎ、ほんとにあっという間

今週からは冬囲いの作業もスタートしました


それと並行してのお庭造りと、季節がらなかなかの充実っぷりです。

本当にありがたいことです
before
加茂市Hさま邸お庭工事

vertical
after
加茂市Hさま邸お庭工事
加茂市のHさま邸にて進めてきましたお庭づくりもちょっと前に完工

写真で見るとまさにビフォア&アフター

まるで劇的に




ただ、なかなか手間が掛かっております。同業者の方ならわかってくれるはず(笑)

今回はそんな施工の様子を紹介します。


Hさま邸お庭工事 暗渠排水

Hさま邸お庭工事 暗渠排水

こちらの主庭部のお庭造りのカギとなるのもやはり排水対策。


草まじりの表面の土を掘削後、溝を掘りタメマス(集水桝)の設置と暗渠排水パイプの接続を行いました。
Hさま邸お庭工事 砕石路盤 転圧

Hさま邸お庭工事 砕石路盤 転圧

IMG_60801

IMG_60821

化粧壁、コッツストーン石積み、石張りのテラス等の施工箇所へ砕石の敷き込みと転圧作業。


ベースコンクリートの打設と積み作業へ移っていきます。
IMG_6118

IMG_6127

Hさま邸お庭工事 ブロック積み

Hさま邸お庭工事 ブロック積み

この手の作業は、見る見るカタチが出来てくるので、なかなか楽しいですね

お施主様もワクワク
Hさま邸お庭工事 コッツストーン積み方

Hさま邸お庭工事 コッツストーン積み方

Hさま邸お庭工事 コッツストーン積み方

Hさま邸お庭工事 コッツストーン積み方

約1週間、イギリスはコツウォルズ地方へ

不思議なもんで2日目からは石の声が聞こえるようになりました(笑)


3日目からは腰の悲鳴も聞こえてきましたが、そこは聞かぬふりで

IMG_6183

IMG_6186-1

IMG_61871

ジョリパットっと言えばこの人(笑)社長も参戦です

外壁塗装材のとしても使われ、耐久性に優れているだけではなく、

防火性、防藻性、防カビにも強い砂壁状の塗装剤です。

コテ模様を付けたりと、オンリーワンの壁になるのはもちろん、湿気も防げるので壁自体の耐久年も上がります。
IMG_6269

Hさま邸お庭工事 樹木植栽

DSC06158

樹木の植栽作業は、庭に命が入る瞬間で雰囲気もまるで変わります

大型の樹木の根元には通気を考慮して、パーライトと暗渠パイプを添わせてあります。


こうすることで土中、根に酸素を送り込み発根を促せます
Hさま邸お庭工事 樹木植栽

Hさま邸お庭工事 樹木植栽

Hさま邸お庭工事 

低木や宿根草、多年草がメインですが隙間にはビオラなどの一年草を植えて花色をプラス。

初夏ごろにはビオラの花が終わり、その頃には宿根草などが咲き始めるよう繋ぎの役割も持たせています。


6月頃一番見頃です
加茂市 お庭造り 外構工事
加茂市 お庭造り 外構工事

加茂市 お庭造り 外構工事

加茂市Hさま邸お庭工事

加茂市 お庭造り 外構工事

我々の作業は完了。

そして、これからはこのお庭での物語の始まりですね


約1か月間大変お世話になりました。

また今後とも末永いお付き合いよろしくお願いいたします。











新潟の庭・外構・エクステリアなどの外周り工事は
新築・リフォームともにガーデンスタジオ雅楽庭にお任せください。

雅楽庭はこんな庭・外構・エクステリアの設計施工が得意です。
住まう人がのびのび暮らせる空間
理想のライフスタイルを実現させるガーデンリビング
植物の生育に適した土壌
環境に適した植物えらび、植栽工事
将来のメンテナンスを考慮した庭・外構・エクステリアのお家の外周りのプラン

雅楽庭は建物や街並みと調和したマイホームの付加価値を高めるデザインが評価されエクステリアメーカー主催の全国施工コンテストにも多数入賞しています。

オンリーワンの空間作りのためにぜひ思い描いた夢、理想のライフスタイル、庭でやってみたいこと、困っていること、たくさんの話を聞かせてください。

施工エリアは
加茂市、新潟市、阿賀野市、新発田市、五泉市、胎内市、三条市、燕市、北蒲原郡、東蒲原郡、西蒲原郡、南蒲原郡、その他の地域の方はご相談ください。
2018年11月12日|カテゴリー「「M's Garden」 丸山の日記

この秋でベルトの穴の位置が変わりました(笑)

スタッフの丸山です。ども。



いやぁなんでもこの時期はおいしいですね

もっと寒くなると鍋も良いですね

ちなみに鍋奉行です!

焼肉も食べごろ見逃しませんよ(笑)

網交換のタイミングもバッチリです






はい。話変わります。






加茂市Hさま邸の外構工事、今回は玄関前の花壇植栽工事編です。


加茂市の庭 外構 玄関前花壇植栽

DSCF4055

こちらの花壇植栽工事のキーも排水対策です


新たに造成された団地あるあるかもしれませんが水の排水がきわめて悪い状態ですね

これでは何を植えても良くなりません

加茂市の庭 外構 玄関前花壇植栽

加茂市の庭 外構 玄関前花壇植栽

加茂市の庭 外構 玄関前花壇植栽

中に入れてあった土もガラ交じりの土という事もあり、それらを撤去して良質な土を入れていきます。

ただそのままでは水は捌けないので、

こちらもタメマスをセットして暗渠排水パイプの設置と川砂利を入れて水の抜け道を確保。


加茂市の庭 外構 玄関前花壇植栽

加茂市の庭 外構 玄関前花壇植栽

良質の客土も堆肥を混合しながら投入

あっという間に植えられていますが植物が入るとまるで雰囲気が変わりますね~

加茂市の庭 外構 玄関前花壇植栽

加茂市の庭 外構 玄関前花壇植栽

加茂市の庭 外構 玄関前花壇植栽

加茂市の庭 外構 玄関前花壇植栽

加茂市の庭 外構 玄関前花壇植栽

アオダモや常緑ヤマボウシの高木に足元はシャープな印象のニューサイランやコルジリネ。

それらを、和らげそして引き立てるヒューケラなどの丸いカラーリーフ。

左右で色合いのテーマを少し変えて楽しめるように。

宿根草や多年草がメインなのでゴロゴロと配したみかも石とも馴染んでくる予定です


季節がら落葉したりと冬の姿になって来ますが、春の芽吹きの季節が楽しみですね




IMG_6282
また夜も良い感じ照明が素敵です


いやぁホントに素敵ですわ~




次回は主庭部のご案内予定お楽しみに~








新潟の庭・外構・エクステリアなどの外周り工事は
新築・リフォームともにガーデンスタジオ雅楽庭にお任せください。

雅楽庭はこんな庭・外構・エクステリアの設計施工が得意です。
住まう人がのびのび暮らせる空間
理想のライフスタイルを実現させるガーデンリビング
植物の生育に適した土壌
環境に適した植物えらび、植栽工事
将来のメンテナンスを考慮した庭・外構・エクステリアのお家の外周りのプラン

雅楽庭は建物や街並みと調和したマイホームの付加価値を高めるデザインが評価されエクステリアメーカー主催の全国施工コンテストにも多数入賞しています。

オンリーワンの空間作りのためにぜひ思い描いた夢、理想のライフスタイル、庭でやってみたいこと、困っていること、たくさんの話を聞かせてください。

施工エリアは
加茂市、新潟市、阿賀野市、新発田市、五泉市、胎内市、三条市、燕市、北蒲原郡、東蒲原郡、西蒲原郡、南蒲原郡、その他の地域の方はご相談ください。
2018年11月8日|カテゴリー「「M's Garden」 丸山の日記
排水工事、防草シート、砂利敷き前
スタッフの丸山です

加茂市にてウユニ塩湖発見!!!

なんちゃって~笑えないなかなかの状況にスタッフ全員燃えています


加茂市Hさま邸にて10月の初めよりスタートした外構工事

今回の工事のキーとなるのは何と言ってもお庭内の排水対策


「水を制する者は天下を制する」


庭も家も同じです。


水の流れ、空気の流れを作ることは非常に大事で


我々がいつも工事に携わる際に常に気を配っているところです。


せっかく植えた庭の木々がどんどん枯れてくる原因のほとんどは、

通気や排水不良による根腐れ(根が育たない)です。

水や空気の流れが出来ることで根が良く育ち、健全に成長してくれます。




住宅もそう、湿気は良いことなし!

シロアリやカビの原因にもなりかねません!


今回の工事でますます大事だなと思いました



てなわけで工事状況スタート







before
IMG_5989

horizontal
after
IMG_6044

いきなりビフォーアフター(笑)

北側のエリアは排水工事後、

雑草対策も兼ね、防草シート&砂利敷き。

コンテナや寄せ植えなどを飾るステージをアンティークレンガで設けました。
IMG_5994

IMG_5996

裏手の方は重機が入らないためもちろん人力で!

勾配を付けながら掘っていき、細かい穴の開いたネトロンパイプを据えていきます。

勾配を付けて砂利等を敷くだけでも効果ありますが、パイプを入れておくだけで格段に効果が増します。

排水工事、防草シート、砂利敷き前

排水工事、防草シート、砂利敷き前

雨水排水のパイプにタメマスをセットし庭内で滞留した水の排水の処理と、表面排水もタメマスへ処理します。
IMG_6010
排水工事、防草シート、砂利敷き前
排水工事、防草シート、砂利敷き前
IMG_6044

砂利の充填後、砕石を敷均し高さを調整、防草シートの敷設と、砂利を敷き込んで北側エリア完了です



玄関側の花壇エリア、南側の主庭部となかなかの素敵空間になっております

次回ブログお楽しみに~


新潟市、阿賀野市、新発田市、加茂市、五泉市、胎内市、三条市、燕市、北蒲原郡、南蒲原郡、東蒲原郡のお庭・外構・エクステリアなどの新築・リフォームり外周り工事はガーデンスタジオ雅楽庭にお任せください。
庭の排水対策、土壌づくりも合わせてプランニングしています。
新潟の豊かな四季、緑豊かなガーデンライフを楽しみましょう。
2018年11月1日|カテゴリー「「M's Garden」 丸山の日記
秋の寄せ植え
秋の寄せ植えはカラフルで心躍ります


スタッフの丸山です。ども。


いやぁ~ほんとに秋の寄せ植えはカラフルで心躍りますね


先日、新潟市中央区にて花壇の植え替えと大型プランターの設置工事にお伺いしました












before
花壇改修工事

vertical
after
花壇改修工事





花壇改修工事

IMG_6215

大型プランター植栽

花壇には残るべくして残った丈夫な植物たちが


これはこれで良いのですが、メインツリーの植栽に伴い、リガーデンすることに。


ちなみにお庭を改修、直したりすることを「リガーデン」と言います。



せっかくここまで育った植物たちはもったいないので 

掘り上げて、株を分けたり刈り込んだりして敷地内に移植しましたよ~


向こうでも元気でね~



花壇の方は牛ふん堆肥と元肥を混ぜて土壌改良


メインツリーは常緑のヤマボウシを植栽しました。

初夏ごろに咲く白い花は2ヵ月くらい咲くでしょうか

秋には赤い実と、ワイン色になる紅葉も楽しめ、常緑樹の中では丈夫で人気の樹種です。
before
大型プランター植栽

vertical
after
大型プランター植栽
建物側の鉢植えの植物たちも、統一感のあるプランターでまとめることに。


ちょうど窓の上の部分に真っ赤なオーニングの設置予定です。

これからの出番は少なくなりそうですが、ポップで一際目を引く空間になりそうですね


設置次第、HPにUPしますね~






IMG_6208

IMG_6211

IMG_6212

レンガを敷いて水平をとり、プランターを設置していきます。

縦長のプランターには通気と水はけを考慮し半分くらいまで軽石が入っています
大型プランター植栽
大型プランター植栽

秋の寄せ植え
あとは、私の腕の見せ所って事で、、、、

農家さんも新たに開拓し植物選びも楽しかったです

一鉢一鉢がひとつの作品ですが、並び合うプランター内の植物のコーディネートを少し被らせることで統一感が出せますし、

季節がら一年草のビオラも植え込んだので「花色」で統一感を持たせました

いやぁ~ほんとに秋の寄せ植えはカラフルで心躍りますね3回目(笑)



落葉樹は葉が落ちても枝ぶりが楽しめますし、多年草や常緑の樹種と組み合わせてあるので、

冬場でもボリューム感を保てる計画です


春からは、新芽が吹いて今とはまるで違った印象の空間になってくれるのではと思っています





実はこちらのお客様宅は、私がこの会社にきて初めて仕事をさせてもらった現場で、なかなか思い入れのある現場でした。


またこのようは機会を頂き、大変嬉しく思います。今後ともよろしくお願いします。


2018年10月29日|カテゴリー「「M's Garden」 丸山の日記
スタッフの丸山です

十月も残すところわずか、木々の葉も色づき始め、個人的には一番好きな季節です


あれだけ暑かった夏がつい最近に思うのは私だけでしょうか


雪囲いの用の縄が届き、現場の方も充実の季節

ケガや事故なく年内進めていきたいです



竹垣交換

竹垣交換

こちらは先日、新潟市中央区で竹垣の交換作業を行った現場。

約30年前に施工したタカショーの樹脂製の竹垣。

当時は鉄骨の柱に木製の垂木で胴縁としていたようです。

さすがに長年の使用で垂木部分の腐れとパネル部分も色褪せと一部割れがある状態でした。
竹垣交換
竹垣交換

今回、それらを取り除き、鉄骨の柱はそのまま使えるため、

表面を研磨し錆止めの塗料を塗り、アルミ製の胴縁を新たに取り付けました。
竹垣交換
パネルの取り付け。
竹垣交換
玉縁、押し縁の取り付け。
竹垣交換
最初からパネルに押し縁やシュロ縄の飾りがついているものもありますが、

うちではほとんど使わず、

このように現場に合わせ加工していきます。

また手仕事が入ることで、オンリーワンになりますね


最近ではこのような樹脂製の竹垣も昔より耐久性があがり、 

さらに長くお使い頂けるようになり主流になりつつありますが、

そのなかでも創意工夫し、手仕事を加え現場の空気感にあった施工をしていきたいと思います


pagetop