冬季消毒(カイガラムシ予防)について

小枝の白色の半球形の5mmくらいのカイガラムシがこの画像のように樹木に寄生しているのをたまにみかけます。
カイガラムシ

このカイガラムシは寄生木の樹液を吸汁し、樹勢を弱らせ、高密度に発生すると枯死させることがあります。

またスス病を併発させるのでひどく美観をそこないます。年一回発生で受精したメス成虫が越冬し、6月ころ体下に産卵します。7月上旬にフ化して幼虫 が発生し、小枝に移動した後やがて定着して白色ロウ物質を分泌して体をおおいます。そのため越冬中の受精したメス成虫を薬剤により退治するのが効果的で す。


消毒は薬害を避けるため有資格者(農薬管理指導士)のいる専門業者にお願いした方がよいでしょう。


冬季消毒のご相談は 雅楽庭 がらくてい (有限会社新光園)にお任せください。