通りの視線を木々で優しく遮るエントランスガーデン 阿賀野市M様邸 

r0020189-1

阿賀野市のM様邸は交通量の多い国道に面し、渋滞時などは通りからの視線が気になります。そこで黄色みのある「みかも石」と、地元の花崗岩で石積みをし、季節を演出する落葉樹、宿根草などを植栽した見応えのあるエントランスガーデンを玄関前につくり、通りからの視線を優しく遮りました。

 

r0019075

ビフォー

 

阿賀野市のM様邸は交通量の多い国道に面し、通りからの視線が気になっていたそうです。

しかし、フェンス等でビシッっとした目隠しはしたくないとのことでした。

r0020192-1

アフター

 

敷地前側に築山を配し、木々の葉で通りからの視線を優しく遮るエントランスガーデンを設けました。

黄色みのある「みかも石」と、地元の花崗岩で石積みをし、季節を演出する落葉樹、宿根草などを植栽しました。

芽吹きから新緑の季節へと刻々と表情を変えていきます。

r0020197-1

築山の芝生スペースはお子様の遊び場に。

r0020193-12

玄関脇のナチュラルな枕木のアプローチは臨時の駐車スペースとして利用できます。

 

r0020194-01-1

玄関前の植栽はナナカマドやヒイラギ南天など縁起の良い樹木を、枕木のアプローチには草花を植え、季節の彩りを楽しめます。ハーブの一種、タイム「ロンギカリウス」が育ってくると、よりナチュラルな印象になりそうです。

img_0262

消雪用の地下水をくみ上げるポンプ小屋の前に枕木とトレメッシュフェンスを。トレメッシュフェンスにつる性植物を絡ませると緑の目隠しになります。