ウッドフェンスとスクリーンによる目隠し 新潟市北区S様邸

img_25251

S様邸は住宅街にあり、隣接する建物から丸見えで外からの視線が気になり、窓のカーテンも閉めたまま、ペットのワンちゃんとお庭で遊ぶこともできませんでした。そんなS様にご提案したプランは、TOEXの「プラスG」で光と風を取り入れながら隣接する建物側からの視線をシャットアウトし、同時にリラックスできるガーデンテラスが出来るというものでした。また、ウッドフェンスでお庭を囲むことでご主人の夢であるペットガーデンや家庭菜園を実現しようというものでした。外観はご自宅のイメージに合せ白を基調にしたアーリーアメリカン調の素朴なやさしさ、ぬくもりの感じられるデザインにしました。

img_2537

お庭へのゲートです。小さなわんちゃんが抜け出さないよう、外の気配を感じすぎてストレスをためないように、隙間の間隔は極力少なくしました。そのぶん外部の気配はお庭からわかりずらくなってしまいますが、お庭奥はプライベートゾーン、手前の方は玄関にお客様がいらしたとき気配が感じられるように、とフェンスの高さを変えてあります。

img_2493

お庭からアプローチに向かって。フェンスを低めにしたので人の出入りが確認できます。通りがかったご近所の方ともご挨拶できます。

img_2498

「プラスG」によって目隠しされた内部です。くつろぎの空間のガーデンテラスとなっています。屋根はすりガラス状のポリカーボネート板なので隣地建物の上階からの視線もカットします。テラスの奥はさらに仕切られ、サービスヤードとなっています。

img_2840

ガーデンテラスの奥のサービスヤードです。テラスにお客様がいても、気兼ねなく洗濯物を干したり、分別ゴミの一時置き場にしたりしても見えません。また、外につながる裏口もあるのでいちいちガーデンテラスやお庭を通らなくても、直接外に出られます。

e697a9e7a68fe6a798e38080e7b8a6e6a0bce5ad901

サービスヤード側の外部からの眺めです。風通しがよく、夏でも涼しくすごせます。外部からもテラスの様子は見えません。

img_2601

隣地建物上階からS様邸のガーデンテラスの眺めです。内部の様子は全くわかりません。S様は視線だけでなく外部の音も気にならなくなったそうです。