GARAKUTEI Blog 新潟のガーデン 雅楽庭ブログ

before
苔庭掃除
はや12月! 今年は暖冬で少雪とも耳にしますが果たしてどうなることか

そこで、年末の大掃除は皆さんやられていると思いますがお庭の大掃除も是非お忘れなく(笑)
vertical
after
DSC06414
新潟市M様邸
苔と仙見石、八海石が美しい枯山水のお庭です。
平成23年にお庭のリフォームをしてからもう7年経ちました。

落葉樹の葉が落ちきったころを見計らってのお庭清掃
いつもお世話になり助けていただいているおばあちゃん。
いやいやご婦人方

よくしゃべるが手は早い
『今日終わらないと悪いので頑張りましたよ!』いつも気を使ってもらって感謝です!!
before
DSC06402
作業中
vertical
after
DSC06415
清掃終了
DSC06405
同じ熊手でも苔用に柔らかい熊手を使い、庭の苔を傷めないよう丁寧な作業をします!!










DSC06411
これさえあれば怖いものなし

庭のお手入れセットですね。











before
枯山水の庭 苔庭 新潟市
ちなみにリフォーム前(7年前)のお庭です。
vertical
after
枯山水の庭 苔庭 新潟市
リフォーム工事直後の様子です。
樹木を移植、庭石を据え直し使い勝手よくリフォームしました。

いつも剪定、雪囲いと管理させていただきありがとうございます。
和庭の趣をそのままに使い勝手よくしたい方
思い出の樹木、庭石を生かしてお庭を作りたい方
なんとなく樹木が元気がなくなって心配な方

ガーデンスタジオ雅楽庭にご相談ください。

お客様の困ったコトに向き合い、お客様の理想のガーデンライフを実現します。

ガーデンデザインや庭・ガーデン・エクステリア・外構など外周り工事のことなら
新築・リフォームともにガーデンスタジオ雅楽庭にお任せください。

施工エリアは新潟市、阿賀野市、新発田市、胎内市、三条市、燕市、加茂市、五泉市、北蒲原郡、西蒲原郡、南蒲原郡、その他の地域の方はご相談ください。
ブロック塀診断士
先日、ブロック塀診断の研修会に参加してきました。
今年6月、大阪北部地震が発生しブロック塀の下敷きになるなどして亡くなった方や負傷した方、多大な被害が発生しました。
これから自然災害に対して、その対応をいかにすべきか、大きな課題です。
お庭外周り
私たち、ブロック塀診断士はブロック塀の法令を周知していかなくてはなりません。
そして新規ブロック塀工事はもとより、リフォーム工事の際には既存のブロック塀を診断、
自然災害時の被害を最小限にとどめなければならないことを改めて心に刻みました。


before
危険なブロック塀 新潟市外周りリフォーム工事
先日完成した外構・外周りリフォーム工事です。
新潟市のT様邸。30数年間前につくった塀が老朽化でひび割れ崩れが生じていました。
通学路に面していることから心配された施主様よりご相談をうけブロック塀診断を実施したところ、構造上欠損箇所があり、外周りのリフォームを行いました。
horizontal
after
ブロック塀撤去 新潟市外周りリフォーム工事
既存ブロック塀、その他外周りの構造物の撤去
危険なブロック塀を撤去し外周りリフォーム 新潟市
新たに化粧ブロックを積みなおし、リフォームしたアプローチにはスロープと手すりを新設。
家族みんなに優しい外周りになりました。

天気が悪く完成写真がなかなかとれませんが、後日施工実績に掲載します。

老朽化したブロック塀を心配された方から安全診断の依頼が多くなってきました。
雅楽庭ではブロック塀診断士が無料で相談、ブロック塀診断を行っております。
ご自宅の状況が心配な方は遠慮なくご相談ください。

フリーダイヤル 0120-184028
メール info@e-oniwa.jp
ガーデンスタジオ雅楽庭 (有)新光園 野瀬まで
安全安心な外周り、家族の時間が増えるガーデン、好きなものを集めた庭空間
庭・ガーデン・外構・エクステリアなど外周り工事の専門店
ガーデンスタジオ雅楽庭にお任せください。
施工エリアは
新潟市、阿賀野市、新発田市、胎内市、五泉市、三条市、燕市、加茂市、北蒲原郡、西蒲原郡、東蒲原郡、南蒲原郡、その他の地域の方はご相談ください。

新潟の冬のバラの庭・ガーデン仕事
バラの剪定・誘引作業のご予約承り中です。


お庭作り・外周り植栽
こんにちは。園芸店等でこのようなビニールポットに入った植物を買われたことがあると思いますが
どのように庭などに植え込んでいますか?

当たり前ですが、ポットから取り出し植穴に植え込みますよね!
ただしその前にやっておくことがあります。

それは・・・・・・・・↓




植栽・水くれ・管理
ポットのまま水の入ったバケツにポットが全部浸かるまで
浸けます。そうすると『ブクブク』と気泡が出てきます!
これは土の中に空隙ができそこから出てくる泡です。
夏場の乾燥時期は特に多いですよ!

つまりは、土と根に隙間ができていて密着してないってことです。植える前にこの作業をお勧めします。
活着率がまったく違ってきますよ

植栽・庭作り
泡が出なくなったらバケツから取り出しましょう。
ここでようやくビニールポットから植物を取り出します。

ここで注意!!
水がたっぷり浸み込んでいますので土が崩れないよう
そ~っと取り外します
後は植穴にドボン!

それからよく植穴の下に肥料を入れて植栽していることがありますが決して間違いではありません。
でも私の場合は新規植栽時には入れません。
なぜかって・・・・・?

それは、植物が自分の力で根を出そうとするからです。
肥料焼けの心配もありますし。
むしろ堆肥を土と攪拌して植えたほうが良いです!そうすると微生物が増え土もフカフカになりベストな状態になります!!

もし肥料を上げるようでしたら
【追肥】と言って移植、植栽した後に根鉢の周りを移植ごてで10センチぐらい掘って入れてあげます。

化成肥料はNGです
有機質の緩効性肥料がいいですよ「ゆっくりとじわじわ効く肥料」

植栽の基本ですのでまずは実践効果絶大


新潟の庭・ガーデン・外構・エクステリアなど外周りのことなら新築リフォームともに
ガーデンスタジオ雅楽庭にお任せください。

長年の造園技術と知識でお客様のガーデンライフを豊かに、
そして外周りの困ったを解決します。

新潟の冬のバラの庭・ガーデン仕事
バラの剪定・誘引作業のご予約承り中です。

雅楽庭の施工エリアは
新潟市、阿賀野市、新発田市、五泉市、胎内市、三条市、燕市、加茂市、北蒲原郡、南蒲原郡、西蒲原郡、東蒲原郡、その他地域の方はご相談ください。

pagetop