アイキャッチ画像

ここ数日暖かい日が続いている新潟ですが、皆様の地域でも雪はもう融けたでしょうか?

こんなに暖かくなってくると、たくさんの植物達の春の芽吹きも気になりお庭にも出たくなりますね。

そんな時、植栽と一緒に家のシンボルにもなるフェンスたち。

 

 

先日ブログでもご紹介しました・・

『おしゃれな目隠し・フェンスの選び方』

参考になりましたでしょうか?

 

さて、今回のテーマも引き続きフェンスです!

第二弾!はコチラ👇

フェンスのデザイン【横格子】【たて格子】の違いについて

フェンスのデザインで印象が大きく違う【横格子】と【たて格子】

格子の向きが違うと目に映る光景はもちろん、周囲に与える印象も違いますよね。

ただ、具体的な違いって何??と思う方も多いはず。

今回はそれぞれの特長をご紹介させていただきます。

【横格子のフェンス】

 ↑ 新発田市A様邸

 

 ↑ 五泉市M様邸

視覚効果でお庭に広がりをもたらします。

横一直線に伸びたラインが、お庭に広がりを持たせ、ゆったりとした印象を与えます。

また敷地が狭いお庭にも、この横格子で広がりを感じることができるでしょう。

 

目隠し効果は?

フェンスとして目隠し効果が高いのは、【たて格子】より【横格子】と言われているのはご存じですか?

横格子の目隠し特長としては、決まった高さや場所からの目隠しが得意なのです。

動きのない隣地やお庭からの目線を隠すのであれば横格子が最適で、お庭がプライベート空間になります。

 

 

デザインから与える印象

かわいらしい印象も与える横格子。カジュアルな住宅や洋風の住宅にもよく合います。

 

そして、横格子のフェンスは、横方向の広がりからくる安定感や安心感を感じることでしょう。

 ↑ 阿賀野市W様邸

この様に同じフェンスでも板の組み合わせによって、印象や表情が大きく変わります。。

 

 

 

 

さて、もう一方の【たて格子】はどのような違いがありますでしょうか??

【たて格子のフェンス】

 ↑ 新発田市Y様邸

 ↑ 阿賀野市K様邸

空間の仕切として軽やかさを与え、スタイリッシュな印象。

真上に伸びようとする【たて格子】フェンス。

目隠し効果としては薄いものの、それが逆に重たい印象を与えないという利点があります。

また、汚れも溜まりにくく、格子に雨水も溜まりにくいので横格子に比べ汚れが付きにくいデザインです。

 

目隠し効果は?

【たて格子】は動いているものからの目隠しが得意です。

正面から見ると隙間があるように見えますが、斜めの視線はさえぎってくれます。

常に動いている歩行者や車からの目隠しには、【たて格子】が向いてるので、

車や人通りの多い道路などがある場合は特におススメです。

 

デザインから与える印象

モダンな印象の【たて格子】は、カッコイイお庭のイメージを一層引き立てるでしょう。

また、風を通す設計となっているので、さわやかな印象で、お庭の中でも様々な使い方がご提案できます。

 

 

 

どちらがお好みですか??

【横格子だけ!】【たて格子だけ!】ではなく、この様に組み合わせて、スッキリとした大きい広がりを演出することも出来ます。

 

 ↑ 新発田市G様邸

目隠しをしたい場所や、住宅の雰囲気に合わせてお選び下さい。

 

まとめると・・・

【横格子】

・かわいらしいイメージがある。カジュアルな雰囲気。

・横貼りの視覚効果で空間に広がりを感じます。

・目隠し効果は【たて格子】より高い。

 

【たて格子】

・スタイリッシュでかっこいいイメージ。モダンな住宅。

・風も通り抜けさわやかな印象。

・車や人通りの多い道路からの目隠しが得意です。

・チリやホコリが溜まりにくいので綺麗に保つことができます。

 

さて、参考になりましたでしょうか??

住宅の顏にもなるフェンス!存分に検討していくお手伝いが出来ればと考えております。

 

そして次回予告は、フェンス第三弾!

フェンスを素材から選ぶ!をお届けしようと思っております。

 

次回もお楽しみに~。